>

あぶぶろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様、文才を下さい。

「三分間」。
このけっして長いとは言えない間に、人は一体何ができるであろう。
ラーメンが作れる?
怪獣が倒せる?
そんなことを言っているのではない。3分と限定しなくてもいいのだ。ただ、何かするにはちょっと余裕が無い時間。そんな僅かな時間に何かできないものか、という意味である。
うちにもこの一種暇な時間とでも言うべき間があった。
だが、今は少なくとも暇ではない。


修道院大好きです。
エル源、青箱、紫箱。全部大好きです。
名言。「箱には夢がある」

テレポやスティルをしていると、いかにSPの多いWizといってもSPが切れることが多々あります。
修道院には細くて長い小道があるので、そこに座って回復してます。たまに横わきされることもあるけど、ほぼ何事も無く安全に回復できるポイント。

まあ座って回復してるわけなんですが、全快になるまでに約3分かかります。
その間、暇なんですね。
別窓を開いて何か作業するのもどうかと思うし、テレビや漫画を読むのも何か中途半端な感じがして好きじゃない。
そこで、うちはその間に何を行なっているかというと。

4コマ読んでます。

4コマ漫画ですね。有名どころだと…「あずまんが大王」とか?
うちは4コマも大好きなんで、よく買ったりしてます。4コマなんで作業の合間なんかにも読めるんですね。もちろん続けて読む人もいるでしょうが、区切りがいいので途中で止めやすい。

今でこそかなりの冊数を持ってますが、当初は否定派でした。
4コマに対するイメージが変わったのは。つまり「面白いじゃないか!」って気づかせてくれた作品がこれです。

sirit.jpg


集英社 ヤングジャンプコミック
著:竹田エリ
『私立T女子学園』全10巻

ミニスカ、茶髪、ルーズソックスだけが女子高生じゃない! 口は悪いが世渡り上手の竹田、お金はあるが頭は悪いクズちゃんら、5人のT女子学園生の日常を研究せずして、女子高生を語るなかれ!

通称「しりT」。読んでる人はわかるネタ、「T女」ではないです。
登場するキャラクターはどれも一癖も二癖もあるものばかり。キャラクターたちのちょっと変な日常を、少し毒のあるギャグで笑いと共に魅せてくれる。
学校生活から家族関係、しまいには嫁姑問題まで手広く笑いを振りまいてくれてます。
うちは本当に笑わせてもらいました。

それから4コマ漫画にも興味が出てきて買いだしました。
最近はコンビニで4コマの雑誌も見てたり。そこから面白そうな作品とか著者をチェックしてます。

オススメをちょっと紹介。
【“神様、文才を下さい。”の続きを読む】
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。