>

あぶぶろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんてこったい!

例えば、
 横断歩道で青信号でも周りを確認してから歩く。
例えば、
 筆記テスト中に何度も回答済みの箇所を確認する。
例えば、
 外出の際にはガスの元栓の確認を怠らない。
例えば、
 発表する前の資料を何度も読み返す。
例えば・・・。
―――閑話休題。
人が「確認をする」理由は、確認を怠ったがために発生するマイナス要因を避けるためである。
一部、テストの回答のように、決まった答えを間違えてしまうことはあれども、解答欄のずれや文字の書き間違い等は「確認をする」ことで避けることがほぼできる。
何にせよ「確認」は自らを陥れないためにも重要な行動なのである。
その行動を怠ったがために人は、車にぶつかったり、火事をおこしたり、テストで解答欄を間違って悲惨な結果になったり、資料の間違い・ミスが発覚して上司に怒られたりと、実に様々な不幸な運命をたどる。
「つい」や「うっかり」なミスで大惨事が起こる事もあるのだ。
高度な技術が当たり前になってきた現代にとって、それを無くすためにも「確認をする」という当然の行動が必要なのである。


・・・。
・・・・・・すみません。

19日23時過ぎ、日記を投稿する。
 明日の仕事もあるので早めにPCを切る。少々読書をして就寝。

20日5時半、起きる。
 朝食はのどを通らないので、お茶を飲んで代わりとする。

同6時、会社へ向かう。
 車に乗って会社へ。途中コンビニで「一 緑茶」を購入。

同7時、勤務。
 日報の作成等、通常業務をこなす。

同10時過ぎ、休憩。
 小休止をとり、生気を養う。休憩中なので少々ネットを見る。

休憩中、目が点になる。
 ブログ管理ページを見ると昨夜投稿したはずの昨日の日記がない。
 焦る、を通り越して、止まる。


・・・そして今に至る。
【“なんてこったい!”の続きを読む】
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。