>

あぶぶろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神託。

神様は居るのか、それとも居ないのか。
そんな議論は今日の日記に今のところ関係ない。居ると思えばそれでいいし、居ないと思うのもまたそれで。何か良いことが起こった時だけ「ああ、神様ありがと~」なんてのもまた良し。
うちが神様を感じる・・・と言ったら語弊があるが、神様に感謝をする瞬間というのは、何か通常と異なる行動を何故かとってしまい、その結果良いことが起こる、そんな時である。
・・・分かり辛いかもしれないな。
まぁ結果は二の次で、今思えば自分自身、信じられないような行動をとってしまったことがあるわけだ。
結果として吉ならば「神様ありがとう」。
凶ならば「神様なんていない」って思うんだろうな。
うん。
自分勝手だ。





また過去の話だ・・・。
最近多いがネタがないから仕方ない。
昔の方が面白いネタが多いってのもあるかな。
・・・面白いかどうかは別だった。


あれは小学生の1年か2年の頃だった。
土曜日の午後1時前。
うちは小学生の頃書道を習っていて、一週間に一度、土曜の昼1時から近くの公民館まで出向いていた。
その日も半日で小学校が終わり、家でお昼ご飯を食べてから、距離にして200Mくらいの道のりを当然のように自転車に乗って飛び出した。

家から出ると100Mくらいの直線だ。
道路ではあるが、住宅街なので車はそんなに通らない。車1台が通れるほどの道幅の道路であるが、見晴らしは良く、車が急に横道から飛び出してくるなんて状況にはほぼならないような場所であった。



自転車にまたがり、風を切って家を飛び出す。
暖かな温もりを与えてくれる太陽に感謝し、頬を擽る風に微笑む。
今日も良い天気だ。
自転車のペダルは軽く、籠にのせた習字道具も軽快に踊っていた。
・・・そんな時だった。
ふと。
何かが頭の中を過ぎった。
それは今思っても自分の考えではない。自分自身でこんなことを考えられるわけがないのだ。
それなのに、その意識ははっきりと頭の中で形作られ、次第にそれを行うことが当然のように思えてしまった。

自転車を漕ぎながらうちは思ったのだ。
こんな気持ちのよい天候の中・・・。





「・・・目を瞑ってみようかな」
【“神託。”の続きを読む】
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。