>

あぶぶろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このネタももう最後。

4度目ともなると、流石に慣れたもの。
別れ行く悲しみは感じれど、これも運命と思いながら口を開く。
初老気味の先生がゆっくりと麻酔針を歯茎に刺す。
「先生。なんで先生は初老なのに他の病院の人たちは若い女性ばかりなんですか?」
そんな疑問も口を開かされているので言えなかった。
痛みも感じず、歯茎が麻痺していくのが感覚で分かる。少し痺れがやってきて、そして何も感じなくなるのだ。
「はい。それじゃあいきますから、ちょっとこっち向いてね」
医者の言葉に素直に従う。
今のうちは無力な一患者。まな板に乗った鯉の如く「もう勝手にしてくれ・・・」って気分。
医者が椅子の後ろでごそごそと何かを探っているのが音で分かる。目を瞑っているうちには分からないが、経験から嫌な予感がしたことは言うまでも無い。
キュイイイイイイインンンン。
ほら・・・きた。





「親知らずを削りますね」
もうええ・・・勝手にすればええ・・・・・・。



隣の歯が邪魔をして直接は抜けないらしいのだ。
流石はうちの親知らずというか何と言うか。その命は風前の灯となっても、まだ抵抗する力を残している。
そんな抵抗もむなしく、医者の持った精神的にあまりよろしくない武器は、うちの親知らずを削っていった。



「抜くからもっと口開いて」



唇・・・裂けそうなんですけど・・・・・・。
我慢して必死に口を開けていると、つられて目も開いてしまった。
・・・。
・・・・・・。
・・・・・・・・・見るんじゃなかった。









・・・それ、ペンチですか?








器具の名称なんて分かるわけがない。ただペンチに限りなく似ているそれがうちの口の中へと入っていったことだけは理解できた。
歯に何かが当たる。
続いて医者の腕に力が入るのが分かった。

ミシミシ・・・。 ミシミシミシミリ。

そんな擬音を響かせてうちの親知らずは抜けた。
「はい抜けました。じゃあ洗浄しますね」
付き添いの女の人(看護師?)が言う。
水を親知らずがあった場所に吹き付けさせながら、何か先の尖った金属的な物で洗浄。

カラカラカラン。

・・・。
それってその金属的な尖ったやつと骨が当たっている音なんですかね・・・。いや、知りたくは無いですがね・・・。




とりあえず無事に最後の親知らずとさようなら。
いつも通り。

「30分はこのまま噛み締めていてくださいね。それから麻酔が切れるまで食事は無しで。アルコールは厳禁。うがいと歯磨きも今日はひかえて下さい」

そして薬の書かれた紙を渡された。
これをもって近くの薬局まで行って処方してもらうのだ。
早速行こうかな。

近くのコンビニで立ち読みしてから。
【“このネタももう最後。”の続きを読む】
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。