>

あぶぶろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対領域。

・・・。
絶対領域(ぜったいりょういき)とは、女性がミニスカートとオーバーニーソックスを着用した時に太ももの素肌が露出した部分を指す言葉。インターネットスラングの一つ。
しばしば、微妙に覗く素肌に感じられるエロティシズムや「萌え」を表すものとして使用される。チラリズムの一種と言えるが、より限定された用法であり、特にアニメや美少女ゲーム等の二次元女性キャラクターを対象とすることが多い。
一部には、「三次元女性には絶対領域は存在しない」という意見もある。
また少数ながら一部ではミニスカートを着用した女性が、どんなに激しく動いても下着が見えない場合ミニスカートの内部の空間を、決してたどり着けない理想郷という意味を込め「絶対領域」と呼ぶという使われ方もする。当然ながらこれは二次元女性キャラクター限定である。
―Wikipediaより抜粋―
・・・。
・・・・・・らしい。
もっと簡潔にいうと。
・・・。
『名詞』
ミニスカートとニーソックスとの間に挟まれた[ふともも]部分のこと。
白く眩しい神の領域とたたえられ、神聖不可侵の聖域とされる。

・・・。
・・・・・・らしい。
・・・。
うちがこの言葉を知ったのは、数ヶ月前。
確か・・・mixiで・・・。
某LK様の日記で初めて知った言葉だった・・・。






うちの絶対領域が大変なことに!!!






すっっっっっごい強風大雨!!
昨日の天気が良くなるどころか、もっと最悪でございます!
うちはといえば、本日もお仕事真っ最中。
ただ今ほんの少しの休憩時間であります。

休憩前に色んなとこの施錠をしてきたんだ・・・。
1Fに2Fに、隣の建物に、敷地内の建物に、正門に・・・。
・・・この嵐の中をなっ!!
そりゃあ濡れるってもんさ。
だが、うちには昨日の反省を生かすだけの知能があった。
270円のビニールカッパなんかで防げるわけがない。かといって傘なんて、この強風では「壊れてください!」とお願いしているようなものだ。・・・妹から借りた傘だ。壊すわけにはいかない・・・。高くつくから。

今回のうちは違った。
まずは1Fの用具室(便宜上そう言う)に向かい、あるロッカーを探し当てる。
ロッカーを見つけたらその中に入っている、ちょっと頑丈そうなカッパを装着。
何だかロッカーのネームプレートに、うちじゃない名前が書かれていたような気がするが、まぁ気のせいだろうから気にすることはない。どうせ誰もいない。知らないってことは真実ではないのだ。名言。

頑丈カッパをゲットし、うちは続いて冬用の長靴を装着した。
こちらは本当にうちの長靴。
なかなかしっかりした長靴である。
さぁ・・・これで準備は万全!

雨の中を突撃!!!

まずは近場の建物へと走り、その扉を施錠。
うむ。どこも濡れてへん!!
さすがは頑丈カッパ。ビニールカッパなんか目じゃない。
次の建物へレッツゴー。
ここまでも見事に濡れずに辿り着く。
これはイイ。

最後に正門を閉めに。
ここは一番距離の離れた場所であるが、まぁ問題ないだろう。

なーんて考えながら普通に歩いていたさ。

正門までは建物のない50mくらいの一本道を行かねばならない。
雨風をしのぐ場所はないが、このためにフル装備をしてきたんだから問題ないだろう。
現に、横から殴りつけるかのように降りつける雨は、うちのカッパの中には何の影響も及ぼしていない。
これは何の問題もなく・・・・・・・・・!!?


つ、たい!?
いや、これは・・・・・・れている!!!


頑丈なカッパは、頭から腰元あたりまでをがっちりとガード。
しっかりした長靴は、足裏から膝までをがっちりとガード。
・・・その間は?







「う、うちの絶対領域がああああ!!!!」

【“絶対領域。”の続きを読む】
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。