>

あぶぶろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちくしょう仕事さえなかったらあ!!!。

実話だ。
今日の話だ。
うちは本日、午後から仕事だったので2時くらいに家を出た。
会社では食事しない人なのではあるが、さすがに何か飲み物がないと生きていけない。インスタントコーヒーは作れる環境ではあるが、うちがコーヒーをあまり好んでいないのでどうしようもない。
そんなわけで会社に向かう途中、コンビニで飲み物を買っていくのが日課なのであった。
今日もそんな日常だった・・・。






コンビニに入る。






・・・何事もなく買い終わる。
ああ、何もイベントは無かった。ここではな。

うちが店に入ったとき、店の中にはジャンプ立ち読みしてる男の客が3人いた。うちもその中に入り込んだわけだが、ワンピースを熱読してるうちにどんどんと客が入ってきたみたいだ。
うちはそれに気づかずにジャンプ読んでた。そう。仕事の時間が差し迫っているのにも気づかずに・・・。

やっぱワンピースはおもろいよなぁ・・・ってもうこんな時間じゃないかあああ!!!!

気がついたら後5分で出勤時間だ。やばい。かなりやばい。
一番近くのコンビニなのでギリギリ間に合うかもしれない。会社手前の交差点で赤か青かがうちの運命を決める。デッドオアアライブ!
すぐさま爽健美茶を買って店を飛び出す。
車に駆け込んでシートベルトに手を伸ばす。
エンジンをかけてバックして会社へGO!!―――って時だった。



な、なんだtt!!?



駐車場を飛び出そうとしているうちの視界に、隣の隣の車の中が映し出された。
隣の隣の車。
赤い軽自動車。
その中。
あ、あれは・・・・・・。






どう見ても メイド服 がぶら下がっている!!!






信じられるかいっ!?
車の後部座席の窓の上の方に手でつかめるとこがあるじゃないか。
そこにハンガーで引っ掛けてあるのはどうみてもメイド服なんだ!!
黒い生地に白いフリフリが踊っている、実に想像するに容易いメイドビジュアル!

うちは止まったさ。
そりゃあ止まるさ。
コンビニの中に視線が入るのを誰が止めれようか。
雑誌見てる女性の人が一人。スーツ姿でキリッとしてる美人。
その横に二十歳くらいの明らかに友達同士な2人組み。
奥の方はこの位置からじゃあ見えない!

・・・みたい。
誰がこの服のマスターなのか拝みたい。
ちょっとだってこんなこと、絶対二度とありませんよこの田舎!!

見たい!
絶対に見たい!!
見たい!!

―――だけど!!!!!















会社が憎い!!!!

【“ちくしょう仕事さえなかったらあ!!!。”の続きを読む】
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。