>

あぶぶろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のお気に入りラノベ。

漫画と言わずラノベと言わず読んでおります。
新書とかもラノベに入るのかなぁ・・・なんて思いながら茅田砂胡作品にどっぷりとはまっているうちなわけですが。
色々と読んでるとは思うんですが、ここ最近で読んでた中でうち的に面白かったものを紹介。
まぁ人それぞれ。
好き好きってもんです。






最近、電撃文庫って見なくなったなぁ・・・。






某作家目指してる知り合いのオススメ作品。

20071013021753.jpg



  バカとテストと召喚獣 (ファミ通文庫)

  井上 堅ニ (著), 葉賀 ユイ (イラスト)

「総員ペンを執れ!」 テストで召喚戦争!? 恋ありバカあり破壊度満点の新・学園コメディ!
「こんな教室は嫌じゃああっ!!」 アホの明久は叫んだ。ここ文月学園では、進級テストの成績で厳しくクラス分けされる。秀才が集まるAクラスはリクライニングシートに冷暖房完備だが、彼のいる最低Fクラスの備品はボロい卓袱台と腐った畳だけ。
 明久は密かに憧れる健気な少女・瑞希の為、クラス代表の雄二をたきつけて戦争を始める。それは、学園が開発した試験召喚獣を使い上位組の教室を奪うという危険な賭けだった!? 
第8回えんため大賞編集部特別賞受賞作。

これは面白かったわぁ!
学園コメディってジャンルになるかと思うんだけど、題名どおりのバカとテストと召喚獣の設定が新しくて面白い。
内容には触れずにおくけども、ラブコメで笑いたい人にはオススメ。
阿智太郎が『僕の血を吸わないで』でデビューした時も今までにない笑いを取れる小説だと思ったものだけど、実に数年ぶりにそれを感じたかなぁ。
3巻まで出てます。
以下、続刊。
ムッツリって偉大だと思う・・・。



さて、お次はこれ。
こっちはシリアス!!かな。

20071013021745.jpg


  福音の少年魔法使いの弟子―Good News Boy
  (徳間デュアル文庫)

  加地 尚武 (著)
錬金術師の御厨象山、妻で魔女の典子、一人息子の恵の一家はどこにでもいる平凡な家族だった。そこに時を同じくして新しい同居人が増えることになる。象山が作ったホムンクルスのアナと、上級魔女の美少女・大場エリカだ。そして、その時から平和な日常は崩れ、世界の存亡を左右する巨大な異変が始まった。

とまぁこんな内容なわけです。
前に別の出版社から出てたやつの再販ってことになるらしいけど、大幅に加筆・修正をしたとのこと。
なんせ前作の1巻の内容が、今のデュアル文庫の1~3巻というほどの充実ぶり。ちなみに今3巻が新刊として出たとこ。12月に4巻とのこと。
最初はまったり進むなぁ、って思ってたんだけど、どんどんとストーリーに引き込まれていったね。
なかなかに壮大な世界観であり、それがちゃんと成り立ってる。
主人公の家族とか、人物も魅力的。
これはホント面白かった。
4巻で前の出版社で出てた分が終わるのかな。その後も新しく書き下ろして以下続刊らしいので期待大。
やっぱ魔法は最高です。







毎回尋ねてるけど、オススメがあったら教えて・・・。
冲方はチェックしてはいる!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。