>

あぶぶろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/9 GvG 早退。

GvGお疲れ様でした。
うちは題名どおり、そして先週と同じように、21時半に終了して仕事へ・・・。
最後の30分に居ないとかクリエとしてどうなの!? って感じであります。
だからー、ってわけじゃないですけど経費もらいませんよ!
自分で納得いかないんで。
それでも削減せずに火炎瓶を投げるのはクリエ心というものでしょう。
さて、家に居ないんでSS無いわけですけど、簡単ながら文章でチラッとGvGを振り返ってみましょうか。






というわけでB5。






鏡花ぷいにゅさんが防衛してましたね。
うちらが攻めた時にはぷいにゅのマスターさんが戻ろうとしてたのかなぁ。
あれを防げなかった。

エンペR前に集合するんだけども、あっちは3マップの妨害とか復帰妨害とかガンガンしてくるわけです。ここらへんは人数にも寄るんで、それだけあちらの同盟に勢いがあるってことでしょう。
個々も強いんでその妨害がキツイキツイ。
うちが何時もチェックしてる某クリエさんが我々の中央で暴れまわる・・・。
同じクリエで、あの人が一番やっかいなんだよなぁ。
あれでミョル持ってたら手が付けられないな。
集合地点の妨害にクリエが混じってるときは、ADSで落とすの諦めてアコ系さんはニューマばらまいた方がいいかもね。前衛は凍らせて阿修羅で。というか、ゴス持ってない人が前に出てこないだろう・・・?

2・3度の攻めで見事にLP決めたりもするけども対処早くて攻めきれず。
そんな時にNSKM同盟さん登場。
小競り合いがあったものの共闘の格好に落ち着く。
攻めが数でも上回って、ロキ破壊に成功してエンペ周りの乱戦へ。

うちも前線へ進みながらADS範囲内の教授・冠をまず落とす。
あとは相手クリエなんだけど、あっちはゴス持ちが多いんで名前チェック。チェックしてない名前なら、ゴス持ってないはず、と信じて即ADS。重くて動き辛い場合は白ポも出ないんでゴスに構わずADS。前衛は阿修羅に任す。
そして乱戦の最中、もはや神の域に達してそうなEmCが炸裂!

・・・LoRさんの!!

あのマスター凄いわ!!
エンペ後ろでEmCが成功。
更に乱戦状態になって結局・・・Fodさんで割れたのかな。
B5堅かったです。
NSKM同盟さんやウサカメ同盟さんが一緒じゃなかったら、3マップ妨害で散々な目にあって攻めるどころじゃなかった気がします。

他にはV3だったりB4だったり。

V3は、今度は共闘無しのNSKM同盟さんと競り合い。
ER防衛自体も堅かったけども、崩すことに成功してエンペを破壊・・・される!NSKM同盟さんに!!

B4はウサカメ同盟さんの防衛を突破してBHで破壊。
嫌な予感で即3マップに出てみると、ウサカメマスターさんがもう到着してる。
動かないからEmC詠唱中だったに違いない。危ない危ない。

そしてウサカメ同盟さんが撤退してからは鏡花ぷいにゅ同盟さんが登場。
防衛を崩され始めたくらいに21時半。
ここで仕事へ・・・。






お疲れ様でした。

スポンサーサイト

こういう時に田舎に住んでるんだなぁと思い知らされる!!

12月6日。
徳間書店のデュアル文庫の新刊が出ました。
うちが茅田砂胡氏の次に楽しみにしているシリーズ。




 gnb41.jpg



というわけで 『福音の少年 王立図書館十字軍』 が発売されたわけです!
4冊目になるこのシリーズですけど、来年の2月には5巻が発売される予定。
まぁまずは4巻の話ですよね。

うちの住んでるとこは某田舎な県なので、漫画だと発売日の翌日に入ってきます。1日送れてやってくるわけだ。
これが土日挟むと月曜日になったりとか、ほんと田舎の扱いが酷い。
人口少ないけどさ・・・、発売日に読みたい人もいっぱいいるんだぞ!

6日発売されたこの新刊。
既に8日。
うちのとこにも流石に・・・って思ってたのに入ってない!!
噂だと11日の可能性が高いらしいが・・・。
半月ほど前から予約もしているというのに、残念で仕方ない。

予約してない他の店に聞いてみたら、県外の店舗には入荷してあるから発売はされてるけども県内の店舗にはありませんねぇ、とかどうなってるんだと。
これはもう只管予約した店から電話がかかってくるのを待つしかない。
それにしても県内に存在しないとは・・・。






これだから田舎はry

イラスト書いてもらった!!。






うおおおおおおおおおお!!!!!!!





同盟メンバーのお一人にイラスト書いてもらっちゃった!!
今までお二方に書いてもらったことがあるけども、今回も素晴らしい作品であります。
いち早くmixiトップ絵にしてGメンバーに見せたら「書いてくれ!」っていう注文が殺到!
なんだか大変な事になって申し訳ない!
だけどみんなが言う気持ちも分かるんだwww

ほんと凄いお気に入り!
ありがとう!!!













     大きいちいこい(頭悪いほう)





凄い気に入ったwwwww

わかるだろう?。

はーい、良い子のみんなぁー!
今日も元気にROプレイしてるかなぁ?
今日は先生がひとつクイズだしちゃいたいと思います!
意味不明なクイズだと思うけども、きっとここを見てるみんななら分かるはず!!
最後にひとつだけヒントを書いておくね!





小さな恋さんは本日お休みでした。





職種は違うけども同じ交代勤務の友達と昼ご飯を食べにでかけていました。
この友達は小学校からの同級生。
今でも休みが合えばよく遊んでます。

先週の日曜日もこの友達と夕飯を食べに行きました。
GvG前に焼き鳥屋へ。
危うく遅刻でした。
そこで友達がお金を忘れてきてしまったので、清算のときに3千円貸したのです。

その3千円が今日返ってきました。


さて、小さな恋さんはその場でその3千円を使ってしまったのですが、
いったい、何に使ったでしょう!?








ヒント:そこはコンビニでした・・・。

執事は嗤う。

イズルード―――。
そこは道を踏み外した者が立ち寄る街。
人生に疲労して行く先を見失った者達が今日も集う。
衛星都市と名高い顔の裏には、暗い暗いどす黒い現実が隠されていた。
繁華な市を飾る中央の大天幕。
そこに佇む一人の執事。
彼には仕える主人もいなければ、愛する家族もいない。
人が堕ちていく様を間近で嘲笑していたいがためだけに、彼はただ只管この場に留まる。
今日もまた一人、その執事に語りかける敗北者が居た・・・。






「すみません、荷物を預かってもらってるはずなんですが・・・」






「小さな恋さまですね―――確かにお荷物をお預かりしております。いつもありがとうございます」
「いや、まぁ・・・いつもなんですけどね」

優雅に頭を下げてくるものの、言葉の端に何か含まれている気がして釈然としない。
黙ってさっさと出せ。
そう言いたいのは私だけではないだろう。

「本日お預かりしています物は・・・なんと!?21点になります!!ありがとうございます」
「ははは、数言うのやめてもらえます?」
「1万500円になります!ありがとうございます」
「ははは、殴っていいですか?」

「それにしましても・・・・・・D賞E賞、お好きなんですね」
「ええ、大好きなんですよ。C賞でも別に良かったんですけどねぇ。D賞E賞の方が馴染み深いもんで」
「よくお似合いですよ」
「ええ、分かってます」

「戦闘教範50の箱が3つございますが・・・・・・確か小さな恋さまは使用される機会がおありにならないはずでは?」
「いやぁ、恥ずかしい話なんですが、実は間違ってこちらの垢でチケット使用してしまいましてね。連続3つ振り込んだ後で垢が違うことに気がついちゃったんですよ」
「それは確かにお恥ずかしい話ですね」
「まぁいつか別キャラを育てることになるかもしれないし、その時のために残している、と思い込もうと思ってます」
「そうでございますか。この3つの箱も、倉庫にお持ちになっておられる濃縮オリデオコンの箱3つやエクスキューショナーRの箱やウサギのヘアバンドRの箱たちと同じ運命を辿るのかと心配しておりました」
「ははははは」







このような会話がここ3ヶ月ほど繰り返されていた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。