>

あぶぶろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センチメンタル。

昨晩のこと。
日記の更新も疎かに、ケミを頑張るうち。
いつもなら2時や3時でも頑張れるのに・・・。
23時になる前に限界が来ました。途中で落ちますって言って狩り終了。
その後、布団の中で意識を失う。
夜勤明けで遊びまわるのはきついものがありますな・・・。





久しぶりに見る友の姿は、どこかしら大人びて見えた。



11時半に奴の家の前まで迎えに行く。
車の中で1コールして出てくるのを待つ。これも毎度のことだ。
暫くすると奴が出てきた。
ああ・・・変わってない。
癒される瞬間である。・・・・・・何故か、な。

久しぶり~、っとお決まりの挨拶を交わし、お昼なので昼食をまず取ろうということに。
「何が食べたい?」
うちの当然な質問に、奴も当たり前な顔で返答。
「何でもいい」
・・・。
ほんと一番困るよね。
まぁ今回はそう言うだろうと予測をつけて、予めジャンルによって行く店を決めてきていた。中華ならあそこ、パスタならあそこ、と言う風に。
結局、昨日の夜が中華だったらしいので中華料理はパス。焼肉もいいかなぁって思ったけど、遠慮したのかパスタ・ピッツァの店がいいとの事。
焼肉とパスタじゃ値段違うからなぁ。
・・・うちの奢りだから気を使ってくれたみたいだ。
何だかとても大人びて見える・・・。

お気に入りの店に入って、ランチのコースを注文。
値段は二人で2500円とお手ごろ。パスタとピッツァをそれぞれ選んで、他にもケーキやスープやサラダが付いてくる。味も良し!

もちろん食事中は話に華が咲くのであるが、奴は大学院を卒業したばかりだったので、自然とその話へと向かっていった。
卒業までの研究が大変だったこと。
引越しは済ませて、もう社会人の準備は出来ていること。
卒業旅行には国外へと旅立ったこと。
もちろん他の話題もあったわけだが、これからの事を語る友の姿は眩しいものがあった。
寂しいくらいに大人びて見えた・・・。

熱く旨いピッツァに舌鼓を打ちながら、この後の予定を考える。
「食べ終わったらどこ行きたい?」
今回の主役は奴だ。今日はどこでも付き合ってやろう。
同じくピッツァを食べながら、奴は少し申し訳なさそうな顔をした。
「んー・・・、悪いんだけど使っていいかな? 役場にも行きたいし、一度スーツに着替えて証明写真を撮りに行きたいんだけど・・・?」
何だそんなこと。遠慮するんじゃない。
うちは快くOKしたわけだが・・・。
役場に行って、スーツで写真、か。

・・・。
やっぱり誰しも変わらずにはいれないのだなぁ。
昔の奴はアニメが大好きだった。
うちらの住んでるとこはほんと田舎で、高校生が堂々とアニメを借りるようなことがし辛い風潮にあったのだ。もちろん借りれるし借りてたが、その姿をクラスメイトにでも見られたら「○○がアニメ借りてたwww」と次の日の教室で盛り上がること請け合いであった。
・・・。
その苦汁の中、強く生き続ける男・・・。
それが奴だった!!
うちはそんな奴を尊敬してたんだぁ・・・。


それがどうだ。
今の奴からは、そんな昔の姿が想像できない。
格好も、思考も、趣味も、全てが成長し「大人」へと変貌していた。
昔を想うとやはり寂しいものはある。
それでも奴は一歩進んだのだろう。
だってうちは、今の奴を格好良いと思う。友の成長を喜んでいるうちがいる。
・・・うちも成長したい。
こいつみたいに「大きく」なりたい!!




うちは内心そのように思っていた。
憧れよりも、自分自身に対する叱咤だったのかもしれない。
変わらなきゃ・・・。
そう思わずにはいられなかった。


「OKOK。役場と写真ね。んで、その後はどうする? どっか行きたい場所ある??」


遊ぶ場なんて田舎だからあまりない。
お決まりのコースになってしまいがちなのだ。
奴は大阪にいたわけだが、そっちで何をして遊んでいたのだろう。


「んー、ダーツやビリヤードも好きだよ」


む。
ビリヤードならうちも大好きだ。
それならビリヤードにでも行くか、と言おうとした時。


「ゲーセンにも行くなぁ」


ほほう。
やはり大人になったと言えど、昔はゲームに熱中していた奴のこと。さすがに行き成り全てを絶つことは出来なかったようである。
大人びてしまった奴の中に、少しだけ見えた少年時代・・・。
少しだけ嬉しかった。


「ゲーセンか。うちは行かないなぁ。何? どんなゲームすんの??」


うちはゲームセンターに行かない。
何故か、って問われると困るんだが、簡単に言ってしまえばそこまで好きじゃないからだ。お金かかるし、わざわざ行かなきゃいけないし、何よりあまり面白いと感じない・・・。
それでも久しぶりに帰ってきた奴が行きたがっているようなのだ。
これは連れてってやらねばなるまい。


「んー・・・。どんな・・・かぁ」


奴の視線がうちから外れた。
何故か言いよどんでいる。

あれ・・・? うち何かまずいこと聞いた???














奴は真剣な眼差しを向けてきた。

何だ・・・。

一体何を言おうとしているのだ・・・!?




































「アイドルマスターって知ってる?」





















































(  Д ) ゚ ゚











何にも変わってねえええ!!・゚・(ノД`;)・゚・




いやいや、これほど嬉しいことはないってもんだ。
奴、何も変わってないよ!'`,、(´∀`*) '`,、

・・・いや。
むしろもっと深い部分へ行ったのかもしれん・・・( ̄▽ ̄;)
方向は少しずれたかもしれないが、更なる深みを奴に見た!



それから役場・写真・ゲーセンへと行きましたわな。
ゲーセンでは奴はずっと「アイドルマスター」をプレー。
あ・・・。知らない人はググって見ようね。すぐに出てくるから。
引いちゃだめだぞ!(o^ー')b
・・・。

一般人は引くのかなぁ。
うちはそうでもなかったけど。
まぁうちの場合は既に耐性が出来てたからなぁ。
某○ラさんに感謝せねばなるまいヽ( ´ー`)ノ



何はともあれ。
良かった良かった。






明日の日記は「バトン」なるものをやってみようかね。
あ、うちmixiと繋いでるんで、そっちから届いたバトンなんですよ。
mixiじゃないからバトンは基本スルーだったんだけど・・・。

ネタにはならんが答えやすいバトンだったから!w
スポンサーサイト

コメント

えっと・・・コレおいときますね。
つ「類友」

  • 2006/04/01(土) 15:37:35 |
  • URL |
  • にぎ #-
  • [ 編集]

Roの装備なにか貸して!
まだノビだけどく("0")>

  • 2006/04/01(土) 15:38:24 |
  • URL |
  • てい #oWMM.ioY
  • [ 編集]

いい話だ。

  • 2006/04/01(土) 23:06:31 |
  • URL |
  • 悠 #-
  • [ 編集]

(・∀・)b

  • 2006/04/02(日) 07:25:59 |
  • URL |
  • でら #-
  • [ 編集]

>ニギさん
確かにそうかもしれない・・・。が、奴はフロンティアに辿り着いてしまったのですよ・・・。遠い遠い・・・ね。

>ていさん
なんぼでも貸すけど、装備あったかなぁ・・・。
ちなみに鎧はほぼシルクで、ハード以外は全部Gv用です!!w

>悠㌧
・・・。本当にそう思ってry

>でらさん
(・∀・)b

  • 2006/04/02(日) 12:40:36 |
  • URL |
  • AB #QXRaNfI.
  • [ 編集]

いーとおもいます

  • 2006/04/03(月) 02:03:07 |
  • URL |
  • ちょぴ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。