>

あぶぶろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時には追い掛けてきた犬を逆に追い掛け回してやるような勢いで。

エマージェンシー!エマージェンシー!
敵の侵入を知らせるアラームが鳴り響く。
寝静まっていた体が、急速に覚醒されるのが感じられた。さながら某アニメのように赤く異常を示すディスプレイの画面が、端から一気に正常の緑色に切り替わっていくかのように。分かり辛いことこの上ない。
敵の侵入を察知した段階で、すでに艦体の方は行動を開始している。艦長の許可を取ることさえせずに緊急回避を行っていた。
突然の行動は重力制御を一瞬不能にさせ、艦体中に大きな振動をもたらしている。それによって全てのクルーは眠りから覚めて混乱の真っ最中といったところであろう。
目が覚めた瞬間に異常を把握した船橋のメンバー達は、まだ起動しきっていない艦体の中を走っていた。船橋のクルーである彼らがまず事態を把握せねば、それを末端のクルー達まで伝えることが出来ない。彼らは自分たちも混乱しながらも、その職務を全うする為、全力で船橋を目指した。
艦長が船橋に辿り着いた時、船橋の空気は痛いほどに張り詰めていた。
「状況は?」
「そ、それが・・・何者かがレーダー範囲網を潜り抜けて進入。直接、艦体に接触を試みようとしたと思われます・・・!ほ、本当に姿を捕捉することが出来なかったんです!!」
メインモニターを背に、航海士が震えながら答えた。直立不動で艦長に対面しているが、震える視線はどうしても艦長を捉えることが出来ていない。
艦長は少しだけ息を吐き、なるべくゆっくりと心がけながら話した。
「君の職務怠慢だとは一つも思っていない。レーダーに掛からなかったというのはそうそう信じられることではないが、もし事実だとしたらこれ以上は無い一大事だ。・・・もう一度詳しく説明してくれ」
その言葉に航海士はいくぶん緊張をほぐしたようだ。
「えー・・・、レーダーは正常に起動していたんです。それは間違いありません。その状況下で正体不明の何者かが本艦に接触してきました。それも・・・・・・艦壁の弱い部分をピンポイントで狙ってです」
「ピンポイントだと!?」
「は、はいっ!そうだとしか思えません」
思わず大声を上げた艦長は、そのまま何事か考えるように顎に手を置いた。
そして―――。
「その敵は本艦の脆弱な箇所を知っている・・・。だが我々が気づいた瞬間に逃走している。恐らく、機動力はあるが戦闘には向かない小型船だろう」
艦長は船橋にいるクルーを見渡すと、一度頷きメインモニターを指差し叫んだ。
「これより本艦は敵の正体を突き止め、それを破壊する!―――レーダーに掛からないのならば、自分の目で見つけて倒すまでだっ!!」
伝令はすぐさま末端まで伝えられた。



起動した艦体は、敵を求めて闇の中を進んで行いくのだった・・・。









・・・やる。
・・・・・・・・・・・・・・・ヤッテヤル!!!!






ベッドから飛び出し電気を付ける。
明るくなった部屋をまず物色。もとい散策。
枕元から始まり、あとは電気の周り、白っぽい色の布団とか壁とかをじっくり物色。
・・・居ない。

音を止める。
呼吸を止めて、頑張って心臓の音も止めてみたいと思うけれどそれは不可能で諦める。
とりあえず静かに。電気の低い音。あとは静か過ぎて逆に変な耳鳴りっぽい感じ。
・・・居ない。



どこに行った  めっ!!



奴だけは・・・奴だけは許さん!!
気持ちよく(たぶん)寝てたうちの耳の穴の中に入ってきやがったんだああああああ!!!!!
どうしてそこにやって来る!?

前々から密かに思っていたことだが、蚊ってやつはうちの人間の弱点を知っているんじゃないのか・・・。
を吸いたいんだろう?
だったら普通に手とか足を吸ええええええ!!!

耳とかこうゾクゾクっとするからホントやめてよ!!

もう必死だったね。
目で追いかけても見失ってるから難しい。
大体、電気式の蚊取り線香つけてたんだって!それの効果範囲なのに元気に動き回ってやがる。全然効いてないじゃん!!
もう頼りは耳ってことで、頭を突き出して部屋を隅から隅まで調べたよ!
「ん・・・音がしないな。もうちょっと右に・・・・・・ここもしない。どこだ・・・どこにいやがる!!」
朝方だったけど、倒すまでは眠れないっての。
体は覚醒しちゃったし、奴を野放しで安息できるわけもない。

狭い部屋を十分くらい探し続け、ようやく奴の音がしたわけ!
目を凝らして奴を探す。こう、同じ位置を眺めてても、奴は小さすぎるから手前に視点を置くのか、それとも奥の壁の方まで視点を伸ばすのか、もしくはその真ん中くらいなのかってもう探すの面倒!!!
微かに・・・。
微かに何かが当たる音がする・・・。
!!!!
見つけた!奴が壁に何度も体当たりしてる音だ!!
お前の力ではその壁は突き破ることは出来ないぞ。諦めるんだな・・・。




そんな【午前4時半の戦い】。
スポンサーサイト

コメント

長い・・・!
耳が感じるっていいたかったのが伝わってきたb

  • 2006/07/20(木) 03:41:21 |
  • URL |
  • よしふみ #TIXpuh1.
  • [ 編集]

よしふみには何も伝わらなかったってことが分かった;w;

  • 2006/07/20(木) 21:42:56 |
  • URL |
  • AB #QXRaNfI.
  • [ 編集]

耳が感じる恋に萌えろと!?
OKだアニジャ

  • 2006/07/20(木) 21:49:40 |
  • URL |
  • 月下(ローズレッド) #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。