>

あぶぶろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25日は充実した日

何だろう・・・妙に眠い。
昨日の睡眠時間は4時間ちょっと。それが原因だろうか。
それとも炎天下の中の仕事が原因だろうか。
はたまた食後が原因だろうか。
さっきまで部屋を真っ暗にして音楽聴いてました。普通の曲の他に、オルゴール調のとか、ピアノのとか。歌がなく曲だけのものも好きだったりします。普通のも好きなんだけど、また別に、って意味ね。
寝るわけでもないのに暗闇にして、その中で音楽を聴くのが好きだったりする。
有名どこだとonoken氏の「探し物」とかボーカルだと新居昭乃とか。某HPのBGMとか。
暗闇には優しい音楽が似合う。
・・・それで眠いのか。


気がつけば20日。そう、25日が迫っている。
ん?25日に何があるのかって?
そんなの決まってるじゃないですか!
これの発売日なんですよ!!

kayata.jpg


 中央公論新社 C★NOVELS ファンタジア
 著:茅田砂胡 『クラッシュ・ブレイズ ヴェロニカの嵐』
待ちに待っていた続編がついに登場です!

茅田砂胡。ほんっとうに大好きなんですよ。誰よりも好きな作家です。
ほんと、文章の力を感じたね。
凄いよ、文字って。映画とかTVとかみたいに声や動作を直接目で捉えなくても、文字を読んだだけでその動きや声、表情や周りの風景とか色々と「想像」できてしまう。
そんな文章を書けるっていうのが作家の条件なんだろうなあ。
その中でも茅田砂胡が一番だと思うのであります。と。

あと、同じく7月25日に「第1回C★NOVELS大賞」で受賞した2作品も発売されます。
うちはこれらも買う予定。
うちね、こういう受賞作とかに弱いんですよね。
電撃でも富士見でも角川でもコバル―――まあとにかく色んな大賞受賞作とかが発売されると全部買っちゃう人です。
最近はそれでも選ぶようになったんですが、勢いで買っちゃうことが多々。
まあ買っても全部よむことも少ない・・・かな。うち的に好きなファンタジーっぽいのとか、とにかく面白いっぽいのだけ読んであとは本の山になることも・・・。

それでも本だけはどうしてもやめられない。
受賞作もやめられない。
どんなのが大賞とったのかとか、気になることが多すぎ。


たまに「え?これで・・・??」ってのもある。
うち的に。

んで、前述した大賞受賞の2作品ってのがこれ!

hikari.jpg


中央公論新社 C★NOVELS ファンタジア
著:藤原瑞記 『光降る精霊の森』
故郷で事件を起こし潜伏する青年エリは、行き倒れ寸前の半精霊の少女と生意気な猫の精霊を拾ったばかりに、鷹の女王を訪ねる旅に巻き込まれ――第一回C★NOVELS大賞受賞作!

というわけで、これ買います!
ちょ~っと紹介文読んだだけじゃどんな内容なのか想像もできませんが、そこはそれ、大賞受賞したほどの作品ってことで期待大。

そして、実はもう一作の方がうちが気になっている方!!

seija.jpg


中央公論新社 C★NOVELS ファンタジア
著:内田響子 『聖者の異端書』
結婚式の最中に消えた夫を取り戻すため、わたしは幼馴染の見習い僧を連れて城を飛び出した――封印された手稿が語る「名も無き姫」の冒険譚! 第一回C★NOVELS大賞特別賞受賞作。

「名も無き姫」、この響きどうよ!?
あー、何かうちが好きっぽい作品な感じがすっごいするのですよ!!
もう買うっきゃないって!!



デルフィニアも姫だなあ・・・。それ繋がりか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://992199yt.blog13.fc2.com/tb.php/41-c3ee7014
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。