>

あぶぶろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LowTai。

今日も元気に構内見回り。
暖冬だからね。厚着すりゃ心地よい寒さです。
冬だけあって、吐く息は白くて、それがまた冬の醍醐味で。
いいねこれ。
楽しいね。
・・・。
少し浮かれ気分で歩いてたんだ。
ハッと気づいた時には遅かった。
右足を見事にはらわれたんだ。衝撃がつま先から伝わって前に出すはずの右足が出ない。バランスを崩したうちの上半身は重力に負けて地面へ近づく。
咄嗟に出した両手で大地を叩き、何とか顔面強打を免れたわけだが、素手だったうちの両手の手のひらからは所々血が滲んでいた。
何奴・・・!
うちはすぐさま上体を起こし辺りを確認したね。
・・・そこには何と。





・・・。





うちの命を狙う何者かの仕業!
まず足をかけて転ばせておき、すぐさま背後からうちの命を・・・!!!
・・・なんてことは当然あるはずもなく。
まず誰かが足をひっかけたって事は無くなった・・・。

じゃあ何かの罠か!
何者かが仕掛けたトラップがうちの右足に炸裂・・・!!!
・・・なんてことも当然あるはずもなく。
だって何もないんだもん・・・。

いあ、ほんとは分かってるんだけど、こんなボケでもしてないとやってられないのさ。
分かってんのさ。
ただ単に段差や石に躓いただけなんだけども、こう何も無い日常を過ごしていると、うちのようにファンタジー好きな妄想狂にはヌルイ日々で偶に苦しいのさ。何か冒険が起こりそうな、そんな自分には被害が無いんだけども大活躍するような自分勝手なストーリーが突然始まるような想像をしたいだけなのさ。
ははは、病んでるねこれ。

・・・。

だからうちも驚いたのさ・・・。
転んで。
辺りを窺って。
足元を確認して。
何に躓いたのかを悟って。

うちは愕然としたね・・・。
だって。







何も見つからなかったんだから・・・。









あれ?じゃあうちは何に躓いたんだ???







近くに石は転がってない。
ましてや段差があるなんてこともない。
靴紐を踏んだ、なんてボケをしてしまうほど天然ではない。
・・・じゃあ何だ?

・・・。
・・・・・・。
いあ、まさか・・・。

一つの可能性が浮かんだが、うちはそれを必死に否定。
だって・・・ねぇ;
まさか『何も無いとこに躓いて・・・』なんて事は・・・。






もう歳かry
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。