>

あぶぶろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

read。

読書好きですもの。
漫画から小説まで何でも読みます。
ええ、漫画からラノベまで・・・。
ジャンルの好き好きはあるものの、あまり拘りません。
最近は現代モノ好きですけど、ファンタジーだって伝奇だってどんとコイです。って、ファンタジーと伝奇じゃ同じか。伝記だ。
SFはちょっと苦手だったりしますけど、専門的な知識いらないものなら好きです。
学が無いもので。
そんな感じに何でも読めるうちはマルチな人間なのだろうなぁ、と漠然と思ったりもするわけです。






こんなのだって読めます。






この間の出来事。
午後から勤務で会社へ行ってみると、2人の先輩が楽しそうに話していた。
何だろう?
と思いつつも好奇心をグッと堪えるのが大人の対応。
気になりつつも気にならないフリをして通り過ぎようとしていたら、向こうからこっちへふってきた。


「なぁおい、この問題できるか?w」


メモ用紙をこちらへ渡してくる。
どうやら小学生の息子さんの夏休みの宿題に出ていた問題らしい。
何が楽しいのかわからないが、うちはその問題が記されているメモ用紙を手に取った。






「これの対義語ってわかるか?www」






   ① 増加

   ② 降下

   ③ 攻め

   ④ 優勢













・・・・・・まさか。








どうしよう、コレ・・・・・・。






明らかにオカシイ!
3番辺りがオカシイ!!

この問題。
そして先輩のこの笑顔。
「どうだ、わかるか? わかるよなぁ、お前になら。そう、そっちの答えだよ。違ってるけどお前らの世界では常識のそっちの答えだよ!www」
そんな先輩の心の声が聞こえる。

今更何を考えているんだ・・・。
これだから一般人は怖いぜ。
こんな使い古されたオタク診断テストの成れの果てなんて出題されても、逆にこっちがその対応に困るっちゅうねん。
だけど見てくれ。
いあ、想像してくれよ。この先輩の笑顔。



裏切れねえよ!!!



こんな楽しそうな人を前にして「守り」なんて言えねえよ!!
そんなこと言ったらこの笑顔が崩れちまう。
きっと「あ、なんだぁ、知ってたのかぁ・・・w」なんて曖昧な笑みに変わってしまって部屋の温度はエアコンの設定に関係なく下がってしまうわ。

そんなこと許されねえ。
だってうちは読書好きだから。
あらゆるジャンルを読むのだから。








エアーだって・・・。
スポンサーサイト

コメント

①減少②上昇③守り④劣勢 でええのかな?
というか一昔前の俺なら③を普通に「受け」と答えていたかもしれないwwwwww

  • 2007/09/02(日) 00:33:49 |
  • URL |
  • でら #-
  • [ 編集]

人類の半分以上が「受け」って応えるに決まってるでしょ!!!
けど、この問題もうメジャーすぎて誰もそう答えない。
みんなに知れ渡ってるのさ。

  • 2007/09/03(月) 01:24:14 |
  • URL |
  • AB #QXRaNfI.
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。