>

あぶぶろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・お兄ちゃんSHOCK!!

祝・『美味しんぼ』100巻達成!!!
・・・というわけで。






<兄さん、事件です!>






それは100巻を読み終えた時に起こった・・・。
その日は平日だった。
交替勤務なうちには平日も休日もほぼ関係ないので、世間の奴らがせっせと働いている時間にまったりと平穏を貪る事に優越感を感じていた。
日曜に働くうちに哀れみの視線を投げつける一般人のことを失念していたとはいえ、やはり人が働いている時に堂々と怠惰に過ごせるという環境は最高である。

そんな大きな幸せを感じつつ読破。
その後、その本を持って隣の部屋へと向かったわけだ。
隣は弟の部屋。
社会人1年目である奴は、平日である今日、当然家には居ない。
そんなときは弟の読みそうな本を奴のベットの上に置いておくのが兄の務めであった。
ドアを開け部屋へIN。
布団の上に美味しんぼをSET。
そのまま部屋を退場・・・・・・出来なかった。
うちは枕元を見つめたまま止まってしまった。

・・・。
ち、ちがうぞっ!
別に弟の部屋を物色しようなどと思っての停止じゃないぞ!?
親しき仲にも礼儀あり!
確かに「お兄ちゃん」から「おにぃ」って呼ばれるようになってからあまり親しいような雰囲気では無いかもしれないが、一応まだ血は繋がっている。はず。
だから、そうじゃないんだ。
うちは枕元に転がっているものを見つけてしまったのだ。



それは携帯電話



世間に溢れかえっているあの携帯電話だ。
「なんだよ、あいつ忘れやがったw」
なんて一瞬だけ思ったさ。
だけど更に次の瞬間には別のことに気づいたさ。


「あれ・・・あの携帯は弟のじゃないぞ」


だって見たこと無いもん。
いつも白い携帯使ってて、前日にもそれでどこかしらにメールを送ってる姿を見かけたもん。
でもここにある携帯は赤い色。
ん?
どういうこと・・・?

ああ、会社からの支給品か。
すぐに連絡をとれるようにしておくために、最近の会社では携帯を持たせてるもんねぇ。
奴の会社も・・・・・・って、ちょっとオカシイな。
白い携帯は普段から私用で使ってるの知ってるから、もし会社が携帯を支給してたとしたら赤い方である。
・・・それが置きっぱなし?


うーん・・・。
これはどういう事なんだろうなぁ・・・。










1.会社から支給された赤い携帯を忘れていった。



2.会社から支給されたのは実は白い携帯で、普段から私用で使っている。



3.いつかのTV番組でホストの兄ちゃんが「こっちは本命用ですね。他は全部仕事用ですよ。携帯なんて一個じゃ全然足りません。やっぱ他の女の名前が入った携帯を持つわけには行かないじゃないですか。客だって堂々と携帯を見せて自分の名前くらいしか女の名前が無かったらやっぱ嬉しいと思うでしょ。流石に女の名前が1人も居ないってのは変ですから消してもいいようなやつや、その場で電話されても全然問題ないような番号しか登録してませんよ。ああ、本命用は別ですよ。あっちには家族とか親友とかプライベートなものばっかりですね。携帯1個しかもってない、なんて信じてもらえないなんて分かりきってるけど、本当に大事なやつは一個で、それは絶対に見せられない(笑)」













そして兄の手が怪しく忍び寄り・・・
スポンサーサイト

コメント

わっふるわっふる

  • 2007/11/04(日) 15:40:11 |
  • URL |
  • いせりあ #-
  • [ 編集]

わっふるわっふる 

  • 2007/11/04(日) 19:05:42 |
  • URL |
  • にけ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。