>

あぶぶろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨、時々、ガイジン。

これだから雨は嫌なんだ。
びしょびしょに濡れた服を絞りながら、うちは天を呪ったね。
なんだってこう外の作業の日に限って大雨を降らすんだよ。傘を使っちゃいけない、って決まりごとがあるからカッパを着てたんだけど、270円の安物じゃあ防ぎきれなかったさ。
会社の玄関に入って服を絞る。
もちろん浸み込んでいた雨水は、水流となって床を浸食していったけどかまうもんか。
まったく・・・。
なんだってこう機嫌が悪くなるんだ。
うちだって分かってる。雨なんて誰もどうしようもない自然現象で、その日に限って外で作業があったのだって社員なんだから仕方ないことさ。
そこそこ常識のある社会人だもの。そんなこと分かってる。
だからこそ、誰にもあたる事の出来ないこの怒りは、うちの中で悶々と渦を巻いている。
ああ、このイライラのはけ口はどこかにないのか!






「お、水も滴る色男だなぁ」





「なにぃ!!?」
・・・なんて声を上げることなんて出来ない。
勢いに任せて口を飛び出しそうなその言葉を、うちは刹那の間に考え、只管止めた。

見ろ。
目の前で笑っているのは大先輩だ。
もうすぐ定年を迎えるってくらいの年配者で、うちは入社当時からこの方に本当にお世話になった。

会社を辞めたい・・・。
入社して間もない頃、5月病とは違うとは思うが、うちは会社を辞めたくて仕方がなかった。
その頃、親とは大喧嘩の真っ最中。
大学卒業間際から進路に関して衝突し続け、結局うちが折れた形ながらも険悪な雰囲気が続いてた。
良い会社なのはうちにも分かったが、それ以上にそんな事情の背景がうちを退社へと導こうとしていた。

もう限界だ・・・。
忘れもしない最初の年の12月23日。
翌日をクリスマスイブに控えたその日、うちはその大先輩の家へと赴いた。地図で調べて、事前に電話で確認して、満を持して伺った。
居間に通され、口をつぐんだままのうちを黙って見ていた。
そして、うちが喋りだすよりも早く、会社を辞めたいのかと尋ねてきた。

それから色々と話したさ。
やりたかった事、親との事、今の会社はとても雰囲気の良い会社だと思っている事。
会社には何の不満もないという事。
泣きそうになりながら、必死に心の声を言葉にしたさ。
大先輩はその言葉を全部聴いてくれて、その後にうちに色々とアドバイスをしてくれた。
重みのある言葉だった。
人生を感じる深みだった。


そして今、うちはここにいる。




うちはこの先輩が大好きなんだ。
雨に濡れて不機嫌だからって、勢いに任せてこの人に言っていい言葉ではない。
止めろ、自分!
絶対に何があっても止めるんだ!!



刹那の間に、きっと心の中でこのような葛藤があったに違いない・・・。
その結果、こうなった。












「ほわっとっ!!?」

【“雨、時々、ガイジン。”の続きを読む】

見えて嫌なら見えなくすれば。

鮮やかな風景を、白銀一色に染め上げてしまう雪。
自然の息吹の緑も。
大地の鼓動の赤も。
大いなる母の青も。
そして、人の心の黒も。
すべてを白へと変えてくれる。
ふわりふわりと天から贈られて、醜く汚い俗世を覆い尽くす。
聖なる結晶。






夏に降る雪。






明日、我が家にケーブルテレビの会社の人がくる。
つまりは我が家もやっとこさケーブルテレビでもしようかってことで、TVの設定とかブースターの設定とか、色々と現場作業もあるらしいのでやってくるそうだ。

母曰く。


「あんた・・・・・・部屋掃除しときんさいよ」


ラジャー、マム。
うちだって分かってるのさ。
ディスプレイを見つつも、ふと視線を横へずらせば、床には本。
向こうにも本。
更に本。

最近の建築技術をも使いこなすうちは、横どころか縦へも高く。
そう。空間を上手く使いこなしてる。地上に土地がなくなってきたら、人間は宇宙か海中か、はたまた空にいくしかないわけだよ。

話はそれたが、つまりは部屋が見るも無残だった。
ここに人様をお連れするのは流石に失礼かもしれない・・・。
ってわけで掃除開始。
掃除はちょくちょくやってるんだけど、その間にも本とかが積み重なってしまってた。読んだらもとあった場所に戻すってのがなかなかねぇ・・・。

まずは積んであるダンボールの中の本を・・・。
あ、うちダンボール使ってんですよ。廊下にある大きな本棚にはもう入りきらなくて。絶対量が多すぎてキャパ超えしてんですよね。
その中を整理しようとおもったら、まずは上から下ろしていかなければならない。それを置く場所といったらやっぱ部屋の中の空いてるスペースってわけで・・・。
・・・・・・部屋は見る見る本だらけ。
それでもめげない。
本をダンボールから取り出しては、大きさや読み直したいものに分けて並べて行く。
これはこっち。
それは見ないからこっち。
もういらないから売っちゃう本はここ。
・・・。
気がつけば足の踏み場がない・・・・・・。

どうしよう・・・。
この大惨事をうち一人でどう乗り切ろう・・・。

長らく放置していた本の上には薄っすらとホコリが被って白く。




・・・ああ。
もっと積もって全部隠しちゃってくれ・・・。

【“見えて嫌なら見えなくすれば。”の続きを読む】

今日は無理。

きっと面白い内容になるに違いない。
・・・そう思っていた。
いや、確かに面白いのかもしれない。
色々内容てんこ盛りってやつで、かなりいいんじゃないだろうか。
浅く、広く。
色々と知れて楽しいのでは・・・?
―――なんて考えていたのに。
今では後悔している。
まさかこんなことになるなんて・・・。


今日はGvGありましたね!
本日はソロで砦まわってたんです。
所謂「ウォッチャー」って奴ですな。

楽しかったですよー。
いろんな防衛見て、いっぱいSS撮って。

・・・その結果。
日記に載せるSSが膨大な数に・・・。


挫けそうというか。
今日はもう無理だと悟ったので明日の日記に書きます。

見てくれた人ゴメン!
【“今日は無理。”の続きを読む】

日本語。

同じ意味で使われていても、言葉が違えば受け取られる感じも違ってくる。
どういう意味か分かりにくいので例を。
「断る」と「拒否する」
拒否の意味として「ことわること」となっているので、この二つは同じ意味で使うことが出来る。
しかしどうだろう。
第三者に状況を説明するときに「断ってましたよ」という言い方と「拒否してましたよ」という言い方。後述した方がより強く拒んだ感がないだろうか。
これでも分かりにくければ、これも同じような意味の言葉で「拒絶」がある。ここまでくれば、はっきりと受ける印象が異なってくるだろう。
このように言葉の中には同じような意味でも感じが違うものが多々あるのだ。
・・・それは人によって、環境によって、知識の偏りによって変化を伴うが。


ふと思ったこと。

 「秘密」って何となく魅惑的な言葉だなあ・・・。

何故か仕事中にそんなことを思ってしまったのでした。仕事はちゃんとしましたよ・・・。
連想ゲームじゃないですが、そのときに更に思いついたこと。

 「秘密」も魅惑的だけど・・・「秘め事」ってなるともっと怪しい雰囲気になるのは何故だろう・・・。

色が薄くなってるのは少なからずうちが反省しているからです。深くは追求しないで下さい。
とにかくうちの勝手な感想というか妄想というか。
何となく「秘め事」に、良き明治維新の文学の香がするというか。
・・・すみません、勢いだけで言ったので「?」とか思わず華麗にスルーしてやってください。

・・・まあそんなわけで。
うちもこのままじゃネタにならないと思ってネットで調べてみたのです。
ヤフー様のお力をお借りして。

結果はまあ思ったとおりかな。
「秘密」では変な企業とかいろいろと。当然のように怪しいところもありました。
「秘め事」になると小説とかブログが多かったかな。同じように一部怪しいものもあり。

・・・そしてうちは「何故・・・?」と思われる暴挙にでる。
今考えても自分がどうしてそう考えたのか理解できない。
ヤフーを開き、検索するキーワードを記入する。

   姫事

流れに身を任せ進む。
む、普通の個人HPか・・・。良かった良かった。
一つ目で安心することができた。
そして二つ目へ・・・よく分からん。


そんな感じで思っていた以上に普通に何事も無く見ていた。
・・・。
・・・・・・何事も無くないところもあった。
【“日本語。”の続きを読む】

何事もない一日。

さて何について語ろうか。
書き始めから悩んでいても仕方ないので、書きながらその辺を決めていこうと思う。
可能ならば、であるが・・・。
んー、そうだなぁ。何もないなあ・・・。
連想ゲームでもしてみるか・・・。
「何もない」で思いつくことと言ったら「手品」かなあ。
いやいや、真面目に言ってるんですよ・・・?
よく帽子に何か入れて消してみたり、コインを消してみたりと、手品では「何もない」状態にするじゃないですか。たぶん、そんな感じな部分がうちに「何もない」で「手品」を連想させたんだと思います。
まあ、次回同じように連想してみて違う結果になったり、なんて気もしないでもないですがね。
手品ってやっぱり興味深いですよね。
うちも手品の漫画買ったり手品で検索したりと、色々と調べてみたこともあります。手品できたら嬉しいしね。・・・自慢できるしね。
本屋でそれ系のを探したりしたんですけど、やっぱり本格的な手品になるとそれ相応の道具が必要だったり熟練の技が必要だったりと、興味本位でかじりたいだけの者には難しいようですな。
ただ飲み会とかの余興とか、従兄妹とかに見せて「すげー!!」って言われ自己満足に浸る程度ならできます。むしろしました。
素人が本格的なものをするのには限度がありますけど、そこは演技力とトークで切り抜けれるものだそうです。うちは無理でしたがねー。
手品に興味がある人は多いと思います。
是非一度検索してみては?


―――む!?
思い出した!!
うちすっごい見たいものがあったんですよ!
大学生の頃ですけどTVの特番かなにかでその映像を見たんです。それ以来その人にどっぷりとはまってしまったんですよね。
その人とは、


   デビット・カッパーフィールド


この人です!
もう有名すぎるイリュージョニストですよね。この人のイリュージョンをTVでやってて、まさに目が釘付けってやつでした。
ネットで検索してみると色々とイリュージョン・マジック関係の動画が見えるので好きな人は探してみるのもいいかも。


そして唐突にROへ。
何もネタがない時の助け舟。
枝を折りました!

8.18gosu.jpg


 もうゼニーが限界で3本しか買えず。
 それでもネタになる敵をだすのはさすがうち!

    MEが光る!!
というわけでゴスリンでました。
今日は何故か皆が集まっていたのですんなりと倒せる、なんて思ってました。
・・・が、当然の如く飛んでいくゴスリン。
さすがに放置にしてゴスリンcなんて出たらたまらないので探します。

探して攻撃してまた飛んで。
何度か繰り返しつつダメを与えていき・・・・・・最後はルアフの一撃で終わる。
何だそれ・・・、って感じで終了!


というかね。
今日は本当に懐かしい人がベンチに集まってきたのですよ。
一人一人が来ることはあっても、一度にこんな大勢珍しい人が集まるのは久しぶりのこと。
というわけで何か嬉しかったのでSS撮っておきました。

   8.18all1.jpg


   8.18all2.jpg


貼っておきますね。
【“何事もない一日。”の続きを読む】
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。